プロフィール

運営者のごあいさつ

運営者のamyです

はじめまして。

福岡出身、チョコレートとコーヒーが大好きなアラサー夫婦、amyです。

暮らしのモチベを上げるために、ブログやSNSの更新を始めました。

役に立たないかもしれないけど、共通点がある人は読んでみてください!

マイホーム建てて、貯金が0になりました

結婚後、注文住宅で平家を建て、郊外に引っ越したので車を2台購入しました。家電や家具も一式揃えたので、600万円ちょっと貯めていた貯金が底をつきました。

共働きいえど、うかうかしていたら破産してしまうかも?と不安になり、2年前から家計管理を行い、約500万貯めました。

私は無理して物を減らして、頑張ってミニマリストになりたいとかはありません。ただ、家計管理を行うこの2年間で、共働きでの暮らしの効率、ちょうどいい居心地の良さを求めると、シンプルな暮らしにたどり着いた、というわけなのです。

ということで、このブログでは、家計管理のこと、貯金・投資のこと、暮らしのことを更新していきます。

次に、簡単に私の人生について箇条書きでまとめてみました
興味のある方は読んでみてください!

さっくりと箇条書きにまとめました。

  • 学生時代〜地元の社会人バンドで約10年ほどブラス部で活動。(下手だった)
  • 社会人デビュー。おしゃれしたり、飲みに行ったり、ドライブしたり。1年くらいで退職。
  • 派遣社員でなんとなく働く。派遣先でたまたま人手が足らず、営業代理をしたら、たまたま仕事が取れ、上司に気に入ってもらい、正社員として雇用してもらえることになる。初めて仕事が楽しいと思った時期。
  • 入社して3年目。リーマンショックの煽りを受け、リストラ。ショックを受ける。
  • 退職金300万円もらう。この時期に地元の友達が病気で亡くなる。いつ死ぬかわからないということを考えるようになり、どうせならやりたいことをやろうと決意。地元から市内へ一人暮らしを始める。ブラス活動をやめる(社会人としてもやっていた)。
  • 海外旅行や国内旅行、ずっと悩んでいたレーシック手術、興味のあったwebスキルの勉強、ヨガ(Lava)に通ったり、興味のあることは色々やってみる。
  • 同時期、約2年ほどDQ10やFF11のオンラインゲームの沼にハマる。ゲームを通じて今の夫と出会う。
  • お金が減ってきたので、前職と同業種のベンチャー企業に再就職。働けるありがたみを感じて、がむしゃらに頑張る。努力の結果、営業成績が上がり、20代後半で年収650万円を超える。
  • 元夫と同棲スタート。
  • 入社5年目、管理職になりメンタルをやられる。坐骨神経痛、椎間板ヘルニア、胃潰瘍を繰り返す。生理が来ない。ホルモンバランスの乱れを起こす。
  • 結婚する。不妊治療を始め、仕事との両立が難しく退職。
  • 郊外に小さな平家を建てる。
  • 夫の車が故障し、もう1台車を購入。
  • 不妊治療をやめる
  • ずっとやってみたかった異業種に転職。
  • 嫁の移動手段のため、車を購入。ローンを組んだが、数ヶ月後に一括返済する。
  • 貯金が減り不安になり、家計管理を始める。
  • 今に至る

ブログについて

20代の時に友達との別れや仕事をリストラに合うという経験をしましたが、結婚してから、「明日死ぬかも」という極端な考えはやめました。(心の中に留めてるくらい)

でも、人生に絶対はなく、いつ何が起こるかわからないという事実や、人生に対しての柔軟さは持ち合わせているつもりです。

上記でもお話ししたように、貯金がなくなり漠然と不安になりましたが、家計管理をはじめてから無駄を減らして、先取り貯金をしたら、1年間で250万円は貯まることがわかりました。

リーマンショックの時代で一度リストラにあっているので、仕事も定年まで勤めることができるかわからないですし、貯められる時はちゃんとお金を貯めていこうと思います。

AMY

仕事と掛け持ちしながら、運営しているので週2回更新が目標です!

家計管理をして人生の不安が小さくなった

家計管理を始めた時の本心は、ちまちま節約するよりも、稼いだ方が早いじゃんって思っていましたが、貯金を始めるために、まずやることは自分たちが何にいくらお金を使っているのか知ることと知り、2年間色々試しながらやってみました。

チリツモを舐めたらあかん

カードの明細すら見ない私でしたが、ちゃんと見直してよかったです。

ソフトバンクに毎月500円、デジタルフォトフレームの利用代を払っていたことが分かりました。今では解約しましたけど、何も知らずに使っていたら年間6000円捨てていたようなもん。

チリツモってまじ大事だなと思いました。

自分の家のお金の流れを知る事は結構おもろい

毎日、毎月、毎年、ザクっと1年家計管理ができると、年間でいつお金を何に使っているのかが見えてくるので、面白いです。できたらまずは3ヶ月家計簿をつけて、お金の流れを把握してから、毎月自分たちがいくら貯金に回しても生活ができるのか、もしくはお金が足りない人は、どこを節約していけばいいのかを知ることです。

AMY

月1の家族会議、おすすめです

20代の経験は後悔してる?

20代を節約・投資人生で過ごしていれば、今はFIREできていたかもしれません。

当時は海外旅行に行ったり、レーシック手術をしたり、お買い物、おしゃれ、飲み代など節約のせの字もないくらい、お金を使いましたが、若い時にしかできない経験をすることができたので、後悔はしていません!!

AMY

経験は思い出になる!

家族を味方につけよう

夫婦生活の財布事情は、それぞれですが、私は全てオープンにするやり方をお勧めしています。

お互い生活費を出し合って生活していては、何にお金を使っているのか分かりませんし、お互い稼ぎ額が違ったら不満もでてくるかもしれない。

監視されているようで嫌という方は、自分のお小遣いや、結婚前に貯めたお金までは相手にオープンにしなくてもいいので、できればお互い稼いだ収入から一緒に生活した支出を把握して、あまりを家族の貯金をして貯めていけば、いつか家が欲しい、子供の教育費に、老後資金に使おう、など家族のためにお金を使うことができますよ。

AMY

会社の人も、奥様に黙ってインセンティブ(お小遣い)は別口座に分けてる人多いですもん・・・。

登場人物

amy(記事書いている人)
otto(愛するご主人様)
ane(amyの姉、シングルマザー)

私の家計管理の先生は夫です。(笑)
ひとり暮らしの大先輩で、生きる力がハンパないです(笑)

私の散財癖を矯正してくれて、節約することの大切さや楽しさを教えてくれました。

AMY

この名言、まじでうちの事だと思う。

ひとりで生きていけるふたりが、 それでも一緒にいるのが夫婦だと思う。(ティファニー/眞木準)

https://mypiyo.hatenablog.com/entry/2017/09/05/210000

SNSやってます

TwitterとInstagramをブログに合わせて更新しています。twitterはブログ運営のことなど気さくにつぶやいているので、共通点がある方はぜひフォローしてみてください。